FUTURE


マイスタンダード【2021.11.18】

INTRODUCTION

11月も後半に差しかかるとそろそろ

今年のコートを

考え始める時期がやってきます。

お子様の成長度合いによる所もありますが

店頭では、“最低でも2年は着たい”

そんなお声をたくさん聞く気がします。

来年も着用出来る、それはデザイン的(トレンド的)

にもそうですが活動的なお子様の

着用に耐えうる品質、縫製いわゆる“クオリティ”も

さる事ながら、毎年大きく変化する

【寒さ】への対応もポイントと言えます。

「定番」と言ってもその意味や解釈は様々・・・

:

ma-maの考える、冬の「定番」アウターの筆頭格と考える

HERNOのコンビネーションコートをご提案させて頂きます。

HERNO 【コンビネーションコート】

 

ウール地とナイロン素材を組み合わせた、いわゆる

「異素材ミックス」のコート。ウールとナイロンの

バランスが絶妙でまさに“良い塩梅”と言えそう。

膝丈の3/4丈が使いやすくパンツルックと

特に相性が良さそうです。

ドレッシー過ぎず、カジュアル過ぎず、

「スポーティーエレガンス」の扉を開けた一着です。

HERNO初期よりma-maではセレクトを続けています。

ネイビーのワントーンですが素材感の違いから

奥行きのある見た目が特徴で長く着ても飽きが

こないデザインと言えます。また、先シーズンより

左胸に「H」のブランドアイコンが入りました。

 

「HERNO=ダウン」のイメージが強いと

 

思いますが、コチラのモデルは中綿モデルと

なります。ダウンには無いスッキリした

シルエットが魅力のひつです。

オーバーサイズがトレンドの昨今ですが

スッキリした細身のラインも魅力です。

程よい「エッグシルエット」が

ふんわりした女性らしい

シルエットにも見せてくれます。

 

 

中綿も進化を遂げて今ではダウンに引けを

取らない性能を誇りますのでその辺りの

心配はご安心下さい。また、昨今の温暖化の

影響で日本においてはダウンよりも中綿の方が

ライフスタイルにも合っているといわれています。

 

定番のデザインも【ライトパープル】の生地を乗せることで

新鮮な印象に。毎シーズン細かなアップデートと共に様々な

カラーを展開していますがその中でもやはり【ネイビー】は

HERNOを語る上では外せないカラーです。

167cm 14A【14歳】サイズ着用。

着膨れ感の無いスッキリしたシルエットが特徴です。

コンパクトなアームホールが最初はタイトに感じる

かもしれませんが、慣れれば程よいフィット感が

クセになるのがHERNOの「フィッティング」です。

合わせ方によってはカジュアルにも◎

エレガントなスタイルにも◎

COAT _ in tax 75,900yen