サマーツイードについて…。

現在ma-maのメインディスプレイに飾られているワンピースは、

落ち着いたピンクのサマーツイード素材のワンピースです。

春の入園入学や卒業式、発表会などフォーマルシーンにもシッ

カリ対応可能なワンピース…。ココ数年、各ブランドから春夏の

トレンド素材としてサマーツイードを使用したアイテムが数多く

リリースされています。

IMG_5258

IMG_5281

*春のフォーマルにピッタリですね!!

ところで…

サマーツイード…夏のツイード!?…一体いつ着る素材なのか

本日はそんなサマーツイードについてのお話デス^^

サマーツイードを語る前にまずは、


本場イタリアと日本の気候の差について!


ヨーロッパと日本の気候の差は主に湿度となります!夏の日中

は日本と同様に30℃を軽く超えます。それでも日本の様な湿気

の多いいわゆる蒸し暑いという感じではありません。現に私も

真夏のヨーロッパ出張時にはサマーツイード素材のジャケット

を着てショールーム巡りをしたりしています。また夜になると

真夏でも肌寒く感じる時期も多く薄手のカシミヤのニットは実

はヨーロッパではマストアイテムだったりします。私も15年以

上昔の話になりますが初めてヨーロッパに行った際に街のあち

こちにカシミヤのニット専門店があり、真夏に商売になるのだ

ろうか???と思いを馳せていたのを今では懐かしく思います

が、それだけ”カシミヤ”はヨーロッパではスタンダードと言う

事の様です。話がカシミヤに脱線してしまいましたが・・・

本題に戻りまして…イッタイいつまで着れるのか!!

亜熱帯と化した日本の真夏での着用は厳しいですがソレ以外の

季節、つまり3シーズン対応という事です。夏の終わりの秋か

ら11月の中旬頃までは使用していただけますし、今この時期か

らはピッタリの素材となります。違う見方をすれば、3月初旬や

春先はまだまだ寒くリネン混の素材やサマーウールよりもサマ

ーツイードの方が適しているとも言えます。私自身も春先や秋

口にはサマーツイードのジャケットを良く着用しています。こ

の様に、春夏に買ったモノは秋冬には着れない…逆に、秋冬に

買ったモノは春夏に着れない…という事はないと言えるのでは

ないでしょうか!!

 

このように”季節の間”に着用するのにふさわしく、春のシーズ

ン、秋の深い時期まで使えるサマーツイードはオールシーズン

を通して大変便利な一着と言えます。

 

入園入学や卒業、七五三などの日本を代表するイベントはよく

よく考えてみると実は季節の“間”に多いですね〜〜!サマーウ

ールやシルクも、もちろんオールシーズン対応でフォーマルシ

ーンには最適な素材と言えますがサマーツイードも選択肢の一

つに加えてみてはいかがでしょうか??

ma-ma

ma-ma official site and ONLINE Store

copyright 2016