パンツのトレンドについて…。

パンツなんてどれも同じじゃん!

 

そんな声も聞こえてきそうですが、パンツ界にもシッカリとトレ

ンドが存在しています。その傾向はメンズ、レディースと比較す

るとそうでも無いですが(やはり子ども服という事で機能面にお

いての制約がある為)確実に子ども界にもオトナ界のトレンドの

流れがやってきています。

 

今季 ma-ma でも取り扱いがございますコチラのパンツ。これまで

のスッキリとしたラインで脚長効果を狙っていた昨今の細身パン

ツとは大きく異なります。

pnt01

1ウエスト部分にドローコード付

2プリーツ(タック)入り

 

この2点がこれまでの細身一辺倒であったパンツ界において現在確

実にトレンドとしてメンズ、レディース界を揺るがしておりま

す。(少々大げさですが…)では具体的にドローコード付で腰回

りにプリーツが入る事によってこれまでの細身のパンツと何がど

う違うのか説明していきます。ドローコード付になる事でまず、

ビジュアル面および機能面において明らかにリラックス感が漂い

ます。それプラス腰回りにワンプリーツ取る事によって、より

ユル〜〜い感じで着用していただけます。パンツの裾は膝下から

テーバード(細く)されてますのでドボン!としたシルエットと

言うよりはちょっと表現が古いですが、いわゆるボンタンってや

つですね。こういったシルエットのパンツはこれまでのスキニー

に代表される細身パンツに見慣れてしまった方には最初は異質に

感じるかもしれませんが確実にトレンドとしてキています!昨年

のPITTI BIMBO(毎年年2回イタリア/フィレンツェで行われる世

界最大の子ども服の展示会)でも各サプライヤーから多数のプリ

ーツ入りのパンツが提案されていました。

現に私もこれまではノープリーツで細身のパンツを好んで着用し

ておりましたが(仲間内でパンツの細さ自慢をしていた程です)

今ではプリーツ入りのパンツをユルめで着用しています。

だからと言って、これまでの細身のパンツが無くなるのか??と

いうとそういうわけではありませんのでご安心下さい。細身、ス

キニーというカテゴリーは一過性のトレンドにとどまる事なく、

現在ではスタンダードなアイテムとして完全に定着しています。

 

また一時期あるブランドが爆発的に流行らせたバイカーパンツも

時を経てまたまた復活してきております!以前のバイカーパンツ

は色落ち具合も激しく無くクラッシュやアタリといった細かいデ

ィティールを極力排したキレイ目パンツでしたが、今シーズンの

バイカーパンツはダメージやクラッシュ、アタリが復活してきて

いる様に感じます。こういった一見ハードなアイテムは子どもが

着るからイヤらしくなく着こなせるのでしょうね・・・!!

この様に一度流行したデザインのアイテムもその時代に合わせた

モノとなって帰ってくるのもファッション業界の面白い所とも言

えますね!

pnt02

 

 

このようにファッションのトレンドでは良くある事なのですが、

一方向にトレンドが傾き過ぎると、ある一定の期間の後必ず揺り

戻しが起こります。という事は、それだけ細身・スキニーの時代

が長かったわけですが今思えばスキニー登場時も、スパッツみた

い!!ピチピチ過ぎる!!なんて声もチラホラ…w

ma-ma

ma-ma official site and ONLINE Store

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。